スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お誕生日★

2008年03月15日 16:19

3月15日。サイコーの日。←ややこじつけ・・・
我が家の娘が1歳になりました♪

生徒の皆様、友人、家族にいっぱい力を頂き、
元気に1歳を迎えることが出来たこと、
心から感謝します♪♪
ありがとうございますーーーー!

この1年、本当に早かったです。
毎日毎日が恐ろしいほどの勉強の日々で、
こうやって少しずつ親にならせてもらえるんだなぁと実感です。

スクールとしても1年間、
こうやったらどうかな、こうしよう、ああしよう、と
毎日楽しく過ごせました。

子育てしながらも
こうやって好きな仕事に携われるのは
生徒さんと主人のお陰だと本当に感謝です。

自分の親への感謝も子供を産んで改めて湧き上がりました。
「子を産んで分かる親のありがたさ」とはよく言ったもんです・・・。
よくもまぁこんな破天荒な娘を育ててくれたなぁと。

私は兄がいるのですが、
彼は22、23歳くらいのときに急に思い立ったかのように
世界一周の旅へ旅立ちました。

1年以上の時間をかけて
グルーリと世界を見てみたいということだったようですが、
その時はなんとも思わず、
たまーにかかってくる電話やら、
送られてくる不要になったものやお土産を、
「お!」くらいの気持ちで見てました。

その間インドで大地震があったり
たしか中国でも洪水だったか何かがあったり。
そんな中、兄がその場にいたようで
なかなか本人と連絡が取れなかったときの両親の不安が浮かぶ顔を
今でもはっきりと覚えています。

今思うとそうですよね。
連絡先がはっきりわかっているわけではなく
色々な国を歩いて回る息子の帰りを待つ気持ち、
たまらないものがあったんじゃないかなぁと思うのです。

送られてくる不要になった洋服やぼろぼろになった靴は
汚いのに、そして言ってみりゃかなりくさいんですが(笑、
母がすごーーーく愛おしそうに見つめてたりするんです。

そして世界地図をこっそりと買ってきて
必死で勉強してるんです(笑
あ、この国はここね。
きっと今ここにいるんやね。首都はこれか。とか。

その頃の話を母とすると
今でも生きた心地がしない、と言います。

それでも行くと決めた兄を止めず、
何も言わずにただただ気をつけて、と送り出した母が
これからの目標かなぁとぼんやり思っています。

もし私が母の立場だったら
今の私なら絶対行かせません(笑
まだまだ何年もこれから母親としての修行が必要です。。

これからもご鞭撻のほどよろしくお願いいたします♪

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://oandn.blog4.fc2.com/tb.php/78-dae3d9c0
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。